--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-04-24(Sun)

東京ドール HOHORI 55M

D.T.mate 「HOHORI」 OneThird-55M 指ワイヤー オプション/ボディーメイクオプション有り スキン2ndホワイト
を購入致しました!!

td55-01(D05906).jpg

箱は数年前と変わらず。
ちなみに、クロネコ伝票依頼主は(株)東京ドール、品名は美術工芸品(笑)

箱を開ける。

td55-02(D05907).jpg

添付品と梱包財を取り除いて、、、

td55-03(D05915).jpg

ヘッドを取り出すと・・・・睫毛が左と右で違う!?
恐らく、梱包後、輸送などで左目が押しつけられてしまったんでしょう。
さっそく東京ドールに問い合わせたら、「まつ毛の角度はドライヤーの温風で直すことが出来ます。」
とのこと(^_^)

td55-04(D05917).jpg

さて、ボディです。
手先の保護材に前回注文のときにはなかった注意書きが。
乳輪塗装の部分が心なしか小さい気がします(--;

td55-05(D05924).jpg

今回初めて注文した55M。
昔、東京ドールに OneThirdの短足バージョンを出してくれ~と要望あげたりしていたんですが、
嬉しいことに、実際にそのサイズの素体が販売されて、ぜひとも欲しいと思っていたのでした。

td55-06(D05934).jpg

上の写真は、60Mと比較してみたもの。肩の位置で合わせてみました。
確かに、足だけ短いです。
55Mの方がバランス的にリアルでしょう!?
ちなみに、60Mはスキンライトピンク。
東京ドールのホームページには、
・「スキン・セカンドホワイト」は、従来の「スキン・ホワイト」よりも色味があり、それでいて「スキン・ライトピンク」よりも“黄色味”が弱く、色白のカラーとなっております。
と記載されています。
最初実際に見たとき、「“黄色味”が弱く」というのがピンとこなかったのですが、
スキンライトピンクとよーく見比べてみると、なんとなくわかります。
(わたしの写真ではあまりよくわかりませんね(^^;)

次は、最初に購入したHOHORIとの比較。(左のヘッドのカラーはスキンクリーム)
全然印象が違う原因の半分以上はウイッグのせいと思われます(--;
これ、おんなじウイッグのはずなんですけど、左がぼわっとしてるのに、右はしぼんでしまっている感じです。

td55-07(D05937).jpg

ウイッグをクシでとくと、必ず数本抜けるもんですが、今回添付されてたウイッグは束になって抜けてくれます(゚Д゚;)
こんなの初めて(`o´#)

td55-08(D05975).jpg

ところで、今回 OneThird を新たに購入したのは、我が家の美保、つまり「HOHORI」のボディの腰が折れてしまって、
その代替が目的だったんですが、それだったらボディだけ購入すればよかったのですが、
新色のスキン2ndホワイトが欲しかったんですよね。
さすがにスキンクリームのヘッドにスキン2ndホワイトのボディは、色味が違いすぎて無理と思われたので、
結局ヘッドとともに購入したのでした。



スポンサーサイト

2014-06-08(Sun)

きうい60ボディ

【きういはうす GarageどーるSB 60C Ver1.5】

ようやく、念願のきういの60ボディ(素体)を買っちゃいましたので、レポート致します。

60センチクラス バストサイズCカップ 雪肌
バスト25.5 ウエスト17 ヒップ26 (メーカー公称値)

1

ドールは、クロネコヤマトの宅急便で送られてきました。
ケースの長さは67センチくらい。東京ドールのときと同じような大きさです。

3

以前のきういの1/6の時は、大量の保護パウダーにまみれていたのですが、今回はほどほどに添加されている感じです。
ボディを洗ってパウダーを落とした後の皮膚の粘着力は、東京ドールより遥かに強いです。

6

横から。きういの素体は塗装が施されていません。そういうオプションもありません。

2

足元から。局部は一本筋が入っているだけの造形です。

4

いわゆるバストショット。こうやって見ると、けっこうボリューム感というか重量感があるように見えます。
バストは東京ドール(60M)よりやはりやわらかいです(^o^)

5

バストを下から。

8

バストを斜め上から。乳頭だけでなく乳輪部分の輪郭も造形されています。

7

バストを上から。

10

ヘッドを載せる支持架。中の骨格ワイヤーをそのまま延長したものと思われます。
ワイヤーは2線式。それなりに強度はある・・・・と思いたいですね(笑)

11

手。指は分かれていません。指ワイヤーのオプションもありません。

12

足。きういのHPには、バリ取り(パーティングライン処理)はユーザーが実施する前提のような説明の記述がありますが、バリが認められたのは、片手と片足の合わせて2カ所のみでした。これくらいならわたしにも処理できます(多分)。
ボディ全体と手足首では硬度(やわらかさ)が異なる素材を使用していると、きういのHPに解説されていますが、つなぎ目はほとんどわかりません。足首に靴下を履いた跡のような線ががうっすらと見えますがあまり気になりません。

13

試しに乳首に彩色を施してみました。
100円ショップで買った「12カラーアイシャドウ」を燃料用アルコールに溶かし、塗布しました。

14

この後、まだボディを洗っていないので、彩色が定着しているかはわかりません。

いやぁ、しかしボディラインはやっぱり美しいです。ウエストがやや太めなので、東京ドールのような人間離れ感をあまり感じません。

とりあえず、こんなところで~。
そのうち東京ドール素体との2ショットもアップしたいですね。

2013-01-27(Sun)

ドールのお会計

わたしがドールにのめり込むきっかけは、まぁ色々複合的な理由があるのですが、そのひとつは実は経済的なところがあったのです。
今から考えると微苦笑に耐えないのですが、もう6、7年前になるかと思いますが、わたしの会社人人生最悪のプロジェクトに遭遇しまして、肉体的にも精神的にもかなり過酷な状況を迎えておりました。その状況がようやく峠を越え、収束に向かっていたある日、わたしは突然思ったのです。自分にご褒美が欲しいと。
そのときわたしの心に浮かんだのは、少年のころに憧れていたものの、貧乏な家の子供にはとても手が出せなかった鉄道模型でした。しかし今や心が折れそうになりながら残業の日々に稼いだ蓄えが多少あるのです(もちろん所帯持ちですので全てが小遣いになるわけではありませんが(笑))。
手を出すのは今しかないと思いました。所謂大人買いというやつです。TOMIXのNゲージの鉄道模型セットを皮切りに、車両やレール、パワーユニットにホームや橋脚と、止めどもなく買いまくりました。気が付くと、わずか1年に満たない間に10万円近い出費をしてしまっていたのです。最早蓄えは底を突き、このままでは経済的に破綻すると強く危惧を抱くまでになってしまいました。わたしは、この趣味から撤退する決断を下しました。
そして、次にわたしの心に空いた空白を埋めることになったのがドールでした。もともと美少女マンガなどに興味があったという伏線はあったのですが(そして本命は等身大ドールだという思いはあっても)、最初に手にしたオビツの1/6素体は僅か2千数百円でした。
やがて時は過ぎ(とはいっても僅か4年あまりですが)、その出費はなんと60万円を超えてしまいました。げにドール趣味とは恐ろしいものです(まぁ趣味に高ずるとなんでもそうでしょうけど)。

そこで、60万円台達成を記念して?、これまでの出費の内容を分析してみました。

先ずはドール。
東京ドールD.T.MATE 2体、Onesixth素体 1体、きういはうす1/6クラス素体 3体、やまとvmf50 1体。合計約30万6千円。

衣装関連 120点余り。合計約20万6千円。

1/6素体用カスタムヘッド(ヤフオク) 6点。合計約5万3千円。

アクセサリーおよび撮影補助。ヘアクリップやネックレス、ドールスタンドや撮影の背景にしている厚紙などなど、合計約2万1千円。

ペイント関係。マニキュアなどに使用するも、8割以上は無駄な支出であった(--; 合計約1万1千円。

メンテ用品。リペアキットやパウダーセット。電動ルーターは、カスタムしようと思って買ったが、放置(^^; 合計約8千円。

ウイッグ1/3用 4点、合計約7千円。

こうやって分類してみると、予想外だったのは衣装関連が20万を超えていたことです。恐らくこの20年間の自分自身の衣服関連への出費を超えています(笑) ほんと調子に乗って買いまくってました。あと目立つのがカスタムヘッド。やはり上質なものは値段がつり上がります。1点平均約9千円。

さて、鉄道模型で財政が破綻しかけたというのに、どうやってこれだけの出費が可能だったのでしょうか。
収入が限られている以上、他で支出を抑えるしかありません。先ず狙いを定めたのが昼食費の抑制です。それまでは、会社の外で毎日平均850円くらい使っていました。それを会社の食堂に替え、ごはん小、おかず1品で毎日平均350円に(ちなみに普通の定食が490円)。これで月1万円浮きました。
次に挑んだのが交際費。それまで毎月高校のときの仲間とテニスしてそのあと飲みに行ってたのですが、最近はなんだかんだと理由を付けて断り、3カ月に1回程度の参加。これで月平均4千円の節約。
あと会社での行事には極力参加しない、上司に催促されてもひたすら断る。その他、散髪は3カ月に1度1500円、夏でも茶やコーヒーなどは日に1本、休みの日も外出は避ける、などととにかく出費を抑える。シャツやスーツを穴が空いても着続けて、カミさんに、買ってあげるから替えなさい、と言わしめるという裏技も使ってます(笑)
これらの施策でなんとかドールライフを維持しているのですが、なにか大切なものを失ってしまってたのではないか?と感じるときもあります。いや、大切なものはドールなのだ!と別の自分が叫んでいますが・・・・。

2012-09-30(Sun)

カスタマイズというかメイクというか-2

その後もドールへの彩色の研究は進めていたのです(笑)

1
図-1

前回、ベンジンを溶剤として各種塗料を試してみたんですが・・・・。
左から、
・SAKURA ACRYL GOUACHE カーマイン(赤)
・MR.HOBBY 水性ホビーカラー 光沢 基本色 H-3 レッド
・MR.HOBBY Mr.COLOR 108 半光沢 キャラクターレッド 基本色
・東京ドールリペアキット シリコーントナー body shadow

・・・・リペアキット以外は全滅でした(--;

で、リベンジで次に試したのが、
・陶芸用えのぐ(黒)
・油絵具(アイボリーブラック)
・ポスターカラー(ブラック)

2
図-2

おおおっ、油絵具は混ざるじゃないですか!

3
図-3

てことで、油絵具、何色か買ってきました(^^)

4
図-4

ベンジンに、シリコンと油絵具の赤を少量入れて混ぜ、足の爪に塗って乾かしたところ、着色に成功しました(^^)/

5
図-5

何度か、軽く洗ってみたんですが、今のところ剥げてません。

2012-09-12(Wed)

東京ドール D.T.mate MINAHO

【東京ドール D.T.mate MINAHO】

OneThird-60M body
(60cmクラス バストサイズM)
head type:MINAHO
ボディーカラー:スキンライトピンク
指ワイヤー・ボディ塗装オプション:有
ドールアイ:14mm ブラウン(MINAHO標準)
ウイッグ:ブラウンストレート(標準のブラウンショートから換装)

さて、これよりシームレスシリコンドールメーカー東京ドールから、新たにリリースされた「MINAHO」をお迎えしましたので、その記念に徹底レポートさせていただきます。

【デリバリー】

td60-p9-713
2012/08/29(水曜日)
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
待ちに待った「MINAHO」来ました(^▽^)/

【開封】

土曜が待ちきれずに今日(金曜日)会社休んじまいました(爆)
td60-P9-715.jpg

白箱には、HOHORIの時には「TKD PRODUCT]などとロゴが大きく印字されたラベルが貼られていたんですが、今回は地味なものに換わっていました。
td60-p9-716

いよいよ開封!
td60-P9-720

梱包材を取り除いて、添付品の袋を取り出しました。
td60-P9-723

添付品です。
td60-P9-771

【ボディ(手・足)】

本体を開封しました(^^)
td60-p9-726
手足の包装は、HOHORIのときより簡素化されています。

td60-P9-732
本体のジョイント部です。

色が白に換わっています。気のせいかOne-thirdボディーリニューアル以前(本サイトでは、Ver.1と仮称します)の時よりチャチに見えます。
td60-P9-881
ジョイントパーツ装着時。

td60-p9-736
手の指はディテールが改善されています。

td60-P9-738.jpg
足の造形は、Ver.1と変わっていないようです。

td60-P9-764.jpg
膝は、曲げていない状態でも、より自然な造形になっています。
曲げてどうなるか後日のお楽しみです。
パーティングラインの目立ち具合は、Ver.1と同じです。

【ヘッド】

ヘッドのジョイント挿入穴です。
td60-P9-755.jpg

ヘッドを真上から。
td60-P9-756.jpg
頭頂部のこのヘラ跡みたいなカタチは、HOHORIの時より小さくなっています。どうでもいいことですが・・・・。

ヘッドを真横から。
td60-P9-754.jpg
HOHORIより耳が小さい!

ヘッド正面。
td60-P9-751.jpg
アイは他のD.T.mateと同じ14ミリのハズですが、目が大きい感じですねー。
眉は細くてシャープに描かれています。

【バスト】

さて、いよいよバストです(^^)
td60-P9-762.jpg

横からです。
td60-P9-759.jpg
美乳ですねぇ♪

斜め上から。
td60-P9-765.jpg
メーカーサイトでは、Ver.2(当サイトでは、60Mリニューアル後をVer.2と仮称します)で、バストの輪郭とバストトップを改善していると記載していますが、本当に良くなっています。

残念ながらお見せできませんが(笑)、乳頭の突起だけでなく、乳輪部分も膨らみが表現されています。

最後は斜め下から。
td60-P9-766.jpg
迫力あります(笑)

等身大に換算したら、DかEカップくらいでしょうか?

【衣装】

衣装は、MINAHOに標準添付の、パーカー長袖Tシャツとデニムのタイトミニスカートです。
mina0102-01(P9-775).jpg
HOHORIの時の黒いシャツは、驚くほど細かい糸クズが出たのですが、今回はそれほど出ませんでした。

mina0103-01(P9-777).jpg
いやぁ、このパーカーTシャツ、添付品なのに着せるのにかなり苦労しました(^^;
ドール用の洋服って、DD用なんかでも後ろでボタンかマジックテープで留め離しができるようになってるものが多いのですが、これはまるっきり普通のTシャツでした(笑)
腕や首を思いっきり曲げて(当然首のジョイントは外している状態で)、なんとか着せることができました(汗)

mina0105-01(P9-794).jpg
しかし、デザイン的には、パーカーTシャツとミニスカート、なかなかいいですね。
Tシャツはいい感じに透けてるし(笑)、スカートも伸縮性があって、生地もいいもののように思います。
後ろに留め離しがなくとってもリアルなので、後ろからの写真も気にせず撮れるってことですよね(^^)
ただ、色移りが気になってすぐに脱がせてしまいましたが・・・・。

【ウイッグ・顔】

今回最もショックだったのがウイッグです。
mina0104-01(P9-781).jpg
HOHORI ver.1の時のウイッグがとっても気に入ってて、MINAHOでも同じものを頼んだのですが、今回のは驚くほど髪がバサバサで、しかも変なクセが付いてしまっていて、髪を濡らせて櫛でかなりといたのですが、ほとんど直りませんでした。
頭頂部の植毛の中心の白地も、HOHORIのときのものより少し目立っていました。
たまたま、ハズレに当ってしまったのかもしれないですが、髪のクセは、梱包が原因のような気がします。
HOHORIのときは、ウイッグは厚手の紙を丸めた仕切りに入っていて保護されていたのですが、今回は他の付属品とともにビニール袋に入れられていたので、変な力を受けやすい状態だったのでは、と推測しています。

最後はヘッドの顔の造形についてです。
mina0106-01(P9-776).jpg
かなり以前から、早く出ろ出ろニューヘッド・・・・などとつぶやきながら毎日のように東京ドールのサイトを見に行ってたのですが、ツンデレっぽい!?美形の顔だちのMINAHOがアップされているのを見た瞬間、来るべきものが来たと思いました(笑)

ほとんど即決で、ポチってしまいました(~o~)

mina0107-01(P9-788).jpg
待ちに待った荷物が届き、開封して中身を取り出し、レポートのための写真をひと通り撮ったあと、ようやく衣装を着せてウイッグを着けたヘッドをセットしました。そのときの第一印象は・・・・
「お人形みたい」でした(笑)
だから人形なんだってば( ̄ー ̄)

あくまでHOHORIとの比較ですが、正面から見た形状は、綺麗な卵形をしています。顎は少しとがっています。鼻筋は細いですがしっかり通っています。
目は蒙古襞がありません。下まぶたの膨らみはほとんどありません。睫毛はまるでマスカラ塗っているような感じで、黒く目立ちます。上まぶたのアイラインも黒くしっかりと塗られています。
先にも述べたように、眉は細くくっきりと描かれています。色はブラウンです。
口は特徴的で、やや小さめ、微妙におちょぼ口で、への字です。
耳は小さくほとんど横を向いています。

・・・・って、文章で長々説明せんでも写真見たらわかりますか(´・ω・`)

mina0201-01(P9-887).jpg
別に買った衣装に替えてupです。髪はまだボサってますが(--;

顔の輪郭や目鼻だちは、典型的な美人タイプだと思います。口元にちょっと個性を持たせたって感じでしょうか。

「妖精」の面影を引きずるこれまでのD.T.mateや、キャラが立つShy mateに比べれば、ずっと一般受けするのではないかと思います。

ただ、ここからはまったくわたしの趣味なのですが、リアルテイストという面では、まだHOHORIなどの従来のD.T.mateに軍配が上がるような気がします。
このMINAHOのアイを12mmにして、目の大きさもアイに対応して縮小すれば相当リアル顔になりそうな予感がします(笑)

あと、60Mという素体ですが、やはり足が長いです。長すぎます。DDやオビツ60、それに市販の衣装との互換性が重要なのはよくわかりますが、せめてあと2、3cm短くならんでしょうか。それでもモデル並みの体型だと思いますが・・・・。

最後に、アイを12mmにした想像図(12/14=0.857....なので目の部分だけ85%縮小してみた)をup。
mina0202-02sp.jpg
ほんのお遊びですが、オリエントのリアルテイスト並みではないか! と思ったのはわたしだけでしょうか(~o~)
わたしなんぞは、こういうのにも大変惹かれるものがあるんですが、アニメ顔流行りの昨今、商業的には難しいんだろうなぁ。
東京ドールさん、趣味で作ってくれないかなぁ。。。。


色々長々と書き綴ってきましたが、とりあえず今回のレポート終わります。

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

まとめ

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。